2005年12月16日

無線技術を防災・防犯に利用する研究が活発に。

 いつの間にか身近なところに無線技術が一杯ある。まるで無線に囲まれて生活しているようなものである。

 携帯電話、ラジオ、テレビ、ワイヤレス電話、ETCにITS、ICタグ・・・・・と多くの無線機器が挙げられるだろう。今日の「ワイヤレス技術革命」という特集記事ではこのような無線技術を救助や防犯に役立てようという動きについて紹介されていたので、これを取り上げる。

記事(日本経済新聞(2005.12.16)17面)には

 無線技術を防災・防犯分野に利用する研究開発が盛んになってきた。巨大地震の発生や児童を狙った犯罪の多発で社会不安が高まる中、どこでも機材を設置して情報を送受信できる無線技術の果たす役割は大きくなる一方だ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:42| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。