2005年12月07日

西友、ウォルマート型店舗管理システムを全店に導入。

 EDLP(毎日が低価格)を売りにしているウォルマートが西友と提携し苦戦しているように見えます。日本ではEDLPがあまり評価されず、イオンが進めている専門店やシネコンなどを含めたメガ・ショッピングセンターや顧客ニーズにきめ細かく対応するなど独自戦略をとっているスーパーなどが比較的旨く業績をあげているように感じています。
 西友の業績低迷を打開するための切り札としてウォルマートのシステムをグループ全店に導入するという記事がありましたので、本日はこれを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.12.07)15面)には

 西友は07年末までに、グループ全400店に米ウォルマートの店舗管理システムを導入する。業績低迷などから導入が遅れていたが、食品スーパー子会社を対象に06年秋から再開する。年末までにウォルマートの追加増資を受け、連結子会社となるのを機にシステム統合を進め、業績回復を急ぐ。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:50| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。