2005年11月29日

顔の情報を鍵代わりにし入退室を管理。

 企業のリスク管理への関心の高まりから、情報セキュリティマネジメント(ISMS)や個人情報保護への対応が当たり前になってきています。このような取り組みの中で利用権限者を識別するための本人確認手段として、指紋、声紋、網膜、静脈といった生体認証技術が多く利用されています。

 人間が人を識別するのには顔で判断するわけですが、本人認証の世界でも顔で個人を特定する技術を実用化したようです。しかも維持費を含めコスト低減も図れるという記事を今日は取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.29)13面)には

 グローリー工業が認証装置を開発しNTTコミュニケーションズ(NTTコム)がICカードを活用した管理システムを開発という分担で、顔の情報を鍵代わりとした入退室管理システムを共同開発した。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:15| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。