2005年11月17日

子供の飛び出しICタグで察知。

 ICタグは物流の効率化やモノの管理を変革させるといわれていますが、今日は子供を交通事故から守る武器になりそうという記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.17)13面)には

 NTTデータや日産自動車など5社は16日、無線ICタグ(荷札)を利用した交通安全サービスの実験を始めると発表した。

市街地を走行中の自動車と子供の位置を無線ICタグで認識して、事故の危険を察知すると自動車の運転手に警告する。

見通しが悪い交差点での子供の飛び出しによる交通事故を防ぐ狙い。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。