2005年11月14日

リーン経営新段階に。ネット競売、企業の出品増。

 企業がネット・オークションを活用し在庫や余剰資産を売却するケースが増えているようで、無駄を削る「リーン(細い、簡潔なといった意味)経営」に一役買っているという記事がありました。これを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.14)15面)「シグナル発見」には

 ヤフーの競売コーナーで、企業の参加が10月末には1年前の5割以上の約4,800社と急増している。
「ヤフーはユーザも多く売れ残りが少ない」と在庫のパソコン数百台を処分したメーカはいう。

 匿名の個人が取引しているイメージのオークションサイトで、企業の出品は信頼できるとして人気が高い。
ヤフーも「オークションに参加する初心者は企業の出品にアクセスすることが多く、サイトの人気に貢献してくれる」と話している。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。