2005年11月13日

新型ICチップ、一度に100個読み取り。

 日立が新型のICチップを開発したそうです。
ということで、本日はこの記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.13)1面)には

 日立製作所は1秒間に最大100個のICタグ(荷札)を読み取ることができるシステムを開発した。
これまでは一度に1個しか読み取れなかったが、新システム開発で倉庫管理やレンタルビデオ店など一度に多くの商品が出入りする流通分野へのICタグ普及を後押しする。

 新しい「ミューチップ」は2.45ギガ(ギガは10億)ヘルツの電波を使い読み取り装置との間でデータ通信する。
大きさは0.4ミリ角で従来チップと同じ。価格は100万個受注の場合で1個あたり約10円と現行の水準を維持した。すでにサンプル出荷を始めた。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。