2005年11月09日

医療版グーグルに商機。患者の理論武装を支援。


 「新風シリコンバレー」という特集記事のコーナーに情報サービスの新しい形と
医療を取り巻く情報活用の動向を扱った記事があったので、これを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.9)15面)には

 グーグルで「関節炎」を検索すると約5、500万件が検索される。
これではお目当ての記事にはいつたどり着くか分からない。

 これに目をつけたベンチャー(ヘルスライン)が、医療情報を探し出す検索サイトを運営している。このサイトで「関節炎」と入力すると検索結果は500件となる。
医師1,100人の協力で5年かけて開発した。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:20| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。