2005年11月08日

電子政府利用進まず。手続きの8割が「1%未満」。

 世界最先端のIT国家を目標としたe-Japan戦略が今年度で終了し、ブロードバンドなどでは世界で一番安い価格を実現し、光の普及率でも先頭を走っている。

しかし多くの費用を投入し、鳴り物入りで始めた電子政府の利用が一向に進んでいないという記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.11.8)1面)には

 インターネットを通じて役所への申請手続きなどを済ませる電子政府計画で、各種の給付申請をはじめ主要な行政手続きの8割でネットの利用率が1%に満たないことがわかった。

ネット申請の後に郵送手続きが必要であるなど使い勝手が悪いためだ。ネットの活用が進めば公務員が大きく削減できるはずだが、省庁には意欲が乏しく、今のところ効果はほとんど生んでいない。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:51| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。