2005年10月31日

試供品配布ビジネス登場、マーケティング手法の効率化に。

 よくスーパーや街頭で様々な試供品を道行く人に配布している光景を目にしますが、ネット利用で関心のある人にだけ配布するといった効果的な配布を行うビジネスが誕生したようです。きょうはこの記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.10.31)17面)には

■シグナル発見:試供品配布ビジネス登場。販売・開発、効率化を加速。

 消費者への試供品配布を手掛ける新しいビジネスが現れている。ネット広告の影響で企業がマーケティング手法の効率化に動き出したことが背景にある。

事例1:試供品提供のためのサイト「サンプル百貨店」

 登録会員の登録やアンケートでサイト内通貨「サンプラー」を増やすことで、サイトで提供されている試供品と交換する仕組み。試供品を提供する企業は会員のデータや使用後のアンケート結果などを入手できる。
現在会員数は5万1千人、提供企業は50社を超えた。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:30| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。