2005年10月26日

無線LAN家庭に広がる。(33面)

 家庭内のパソコンが複数台になってきたことや無線LANルーターの価格が1万円を切ってきたことなどから、家計内に無線LANが急速に普及を始めてきているというニュースを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.10.26))には

 自宅で複数のパソコンを同時にインターネットに接続する家庭が増えている。
面倒な配線が必要ない「無線LANルーター」の主力製品の店頭価格が大幅に低下。
高速通信が出来、店頭価格は1万円を切る機種が登場したことが追い風になっている。
自分用のパソコンを持つようになった子供がいる家庭などを中心に普及しつつある。

 無線LANルーターは一般モデルで直線距離約100メートル、木造一戸建てなら1階から2階まで電波が届くとされ、個室にいながら複数のパソコンから同時に無線でインターネット通信が出来る。

記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。