2005年10月23日

ネットと文明第2部新旧価値の衝突(3)隣のハッカー(1面)


 本日のネットと文明では、「広がる死角、手軽さの代償」ということでネット上でのリスクについて書かれていたので、これを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.10.23))では

 社会の注目を集めたいために偽ページを作るといった、稚拙な行為でも一歩間違えれば大問題になりかねない。にわかハッカーも急増している。ネットの普及に比例し、身近なサイバー犯罪も独発し始める。

 つい先日もATMに隠しカメラを設置していたのが見つかった。いつでもお金が降ろせるという便利さゆえの無防備。



記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。