2005年10月22日

ネットの攻勢:ライブドア、セシールを買収。(9面)

 「ネットの攻勢四方八方」という見出しの付いたこの記事を取り上げます。
やはりこのブログのタイトルのように、良い悪いは別としてビジネスモデルが「ネット社会」型に急速にシフトしだしたことの表れではないかと見ています。

記事(日本経済新聞(2005.10.22))には

 急成長するネット企業が既存のビジネスの枠組みを崩し始めた。
ライブドアが21日発表した通信販売大手セシールの買収は、消費者が商品選びの媒体を紙のカタログからネットに変えつつあるという意味でも象徴的だ。

米国ではグーグル、ヤフーなどが広告に新しいビジネスモデルを作り上げ、メディアの中でネットの存在感が増している。

日本でも新興企業がネットへの転換に遅れた企業を飲み込む動きが広がってきた。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:47| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。