2005年10月14日

楽天、TBSに統合提案(1面他)

 今日はやはりこの話題しかないと思います。

村上ファンドがTBSの筆頭株主になったというニュースが衝撃を与えていたと思っていたら、昨夜(10月13日)「楽天がTBSの発行済み株数の15.5%ほどを取得し、TBSに共同持ち株会社方式による経営統合を申し入れた」ともっと衝撃的なニュースがありました。

 ここで衝撃的という言葉を使ったのは、報道機関の扱い方、捉え方の意味です。
私から見れば、少しも衝撃的なニュースではなく当然の流れと感じています。

フジテレビのときもそうでしたが、どうもテレビ局は「ネット社会」に対しての認識が弱いように思います。もし「ネット社会」への認識が強ければ楽天やライブドアは既にフジテレビやTBSの傘下になっていたでしょうね。
この弱さは放送局がこのニュースで呼んでくるコメンテータにも現れているように思います。
呼んでくるのはいつもM&Aに関する専門家で、ネットの専門家は呼ばれていないと思います。(私が見ている番組の範囲では)この件で将来、視聴者が番組を見る姿としてVOD(ビデオオンデマンド)の解説やデモをしているのを見たことがないです。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。