2005年10月13日

IP電話の携帯版、2007年に実用化(1面)

 今お騒がせの「村上ファンド」が今度はTBSの筆頭株主になったとのことです。
経営判断の迅速化、非中核資産の売却、人事制度の改革を要求しているとのことです。
阪神もTBSも良質な経営資源や資産を持っているのに、経営に生かしきっていないのではということで狙われたのでしょうね。

参考  http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2005101301010ba


 さてまた新たな通信(携帯電話)インフラが誕生するようです。
おまけに、現状の第3世代携帯電話よりも高速で安価になるようです。
ビジネス環境にも大きな変化をもたらしそうな予感がします。

記事(日本経済新聞(2005.10.13))には

総務省はインターネットを経由して通話するIP(インターネットプロトコル)電話の携帯版を2007年に実用化する。
次世代高速無線通信と呼ばれる技術を使ってIP電話と同じサービスを携帯端末で受けられるようにする。
利用者は相対的に安い料金で通話や画像などをやりとりできるようになり、通信料金引き下げのきっかけになる可能性も高い。

 この通信システムは、屋内で動画像を送受信する無線LAN(構内情報通信網)の技術を改良したもの。
従来は半径100メートル程度でしか通信できないが、新システムでは数キロ範囲で電波を拾うことができる。
通信速度はNTTドコモの第3世代携帯電話の約40倍に相当し、屋外や移動中でもテレビ並みの動画像をやりとりできる。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 15:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。