2005年10月12日

店頭に設置のテレビ電話で"対面"接客。(37面)

 小売店の店頭でテレビ電話の利用が広がっているようです。
いろいろ考えさせられる部分もあると思いますので今日はこの記事を取り上げました。

記事(日本経済新聞(2005.10.12))には

 宝飾品のオーダーメイド、介護相談、留学相談−−。
小売店の店頭でテレビ電話の利用が広がっている。画面を通じて顧客の表情を見ながら商品、サービスの内容を具体的に伝えられ、店舗に専門スタッフがいなくても来店客の好みや要望に細かく対応できる。小売店にとってはコスト削減効果も大きい。

■専門家が対応
 ドラッグストアチェーン寺島薬局の店頭で、寝たきりの祖母の入浴方法、介護保険の申請方法といった介護相談を受け付ける「まごころ電話サービス」を始める。
基幹店と周辺のサテライト店をテレビ電話で結び、基幹店に待機している看護士やケアマネジャーなどが、これら相談に対応する。

 宝飾専門チェーンのベリテでは、テレビ電話を通じて店頭の顧客と東京の工房にいるデザイナーがやりとりし、デザインや材質、形状などを決める。その場でスケッチを描いたり、過去の注文を画像で見せることも可能。

 テレビ画面を通じて顧客の表情なども分かるので、担当者は客の要望に細かく対応でき、安心感も与えられる。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:35| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。