2005年10月11日

テレビ局揺るがすネットの威力(日経ビジネス10.10号)

 今日は新聞の休刊日なので、日経ビジネスの最新号の中からネット社会に関係のある記事を取り上げることにしました。

 未だ記憶に新しいライブドアとフジテレビのニッポン放送をめぐる騒動で、注目されましたネットと放送の融合ですが、このときの両社の思惑とは別に世の中は既に動き出しているようです。

以下は、日経ビジネス(2005.10.10号)の98ページから101ページの内容を参考にしています。

 10月28日から、インターネットを使った会員制の動画配信サイト「第2日本テレビ」を日本テレビが立ち上げるとのことです。
配信内容は、選りすぐりの世界の短編アニメ・映画それに過去のバラエティーや情報番組など15分以内の番組とのことです。
1番組あたり9〜99円払ってパソコンで視聴するようです。

 今年の4月には、映画、音楽、スポーツ、韓国ドラマなど常時500番組が無料で見放題という動画配信サイトが立ち上がったとのことです。
USENが提供する「ギャオ」です。
ほとんど宣伝もしていないのにわずか5ヶ月で会員数が250万人を突破したそうです。来年の夏に1000万人という目標も難しくない状況のようです。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:51| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。