2005年10月11日

テレビ局揺るがすネットの威力(日経ビジネス10.10号)

 今日は新聞の休刊日なので、日経ビジネスの最新号の中からネット社会に関係のある記事を取り上げることにしました。

 未だ記憶に新しいライブドアとフジテレビのニッポン放送をめぐる騒動で、注目されましたネットと放送の融合ですが、このときの両社の思惑とは別に世の中は既に動き出しているようです。

以下は、日経ビジネス(2005.10.10号)の98ページから101ページの内容を参考にしています。

 10月28日から、インターネットを使った会員制の動画配信サイト「第2日本テレビ」を日本テレビが立ち上げるとのことです。
配信内容は、選りすぐりの世界の短編アニメ・映画それに過去のバラエティーや情報番組など15分以内の番組とのことです。
1番組あたり9〜99円払ってパソコンで視聴するようです。

 今年の4月には、映画、音楽、スポーツ、韓国ドラマなど常時500番組が無料で見放題という動画配信サイトが立ち上がったとのことです。
USENが提供する「ギャオ」です。
ほとんど宣伝もしていないのにわずか5ヶ月で会員数が250万人を突破したそうです。来年の夏に1000万人という目標も難しくない状況のようです。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:51| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

マツダ、ITで販促。パソコンで性能を解説。(11面)

 昨日の鈴鹿でのF1日本グランプリ面白かったですね。
ポールポジションを取ったトヨタが「地元での初優勝」かと期待していましたが、17番ポジションでスタートしたキミ・ライコネンが抜くのが難ししいといわれるこの鈴鹿で徐々に順位を上げ、ついに最終周で劇的にトップに立ち今シーズン7回目の優勝を果たしました。(興味がない方にはつまらない話で恐縮です)

何でも走行中のマシン(レースカー)の管理は、ハイテクの塊だそうで、リアルタイムで車の各部の状態をモニタリングし、ピットではモニタした情報を一目で(画面で)確認できるようになっているそうです。そしてこの情報などを参考にピットからサインを出したり、ピットインのタイミングやピットでの作業を判断しているようです。
ただこの領域では日本は少し遅れているそうです。
遅れを取り戻すには、国内でもF1レースが盛んになる必要があるようです。



さて、一昨日(8日)にマンションの販売にITを駆使した販売促進の話題を取り上げましたが今日は自動車の販売にもITを活用するという話題を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.10.10))には

 マツダは今月から国内の販売店でIT(情報技術)を活用した接客商談システムを採用する。衝突実験CG(コンピューターグラフィックス)や開発者インタビューなどの映像をパソコン画面で顧客に見せる。言葉で説明しきれない商品価値を映像で伝え、成約率を高める。BMW日本法人も各店舗に大型画面を使った情報端末を配備するなど自動車販売前線でIT活用が進み始めた。

 新システム「VIP」は東京や横浜、大阪、名古屋の新車販売の93店でスタート。来年度中に全国の約900店に広げる。安全性を説明する場合、様々な角度からの衝突のケースごとに車の骨格が変形しエネルギーを分散している様子をCGアニメーションや実写で解説。車のコンセプトや特徴などを開発担当者にインタビューした映像もパソコン画面で見ることができる。

記事続き+コメント+その他の記事
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

ネット時代こそ新聞(7面)

 今日は3連休の中の日曜日ということで、ネット社会に関する記事は少ないです。
日本経済新聞(2005.10.9)7面には新聞週間の特集記事として「ネット社会こそ新聞」という記事がありましたのでこれを取り上げたいと思います。

 その中から「岡部直明氏(本社論説主幹)の論説」と「新聞の評価に関する読者調査」の2つの内容を紹介します。

先ず論説のほうですが

 21世紀の世界はグローバル化とIT(情報技術)革命により歴史的な転換期を迎えている。
とりわけIT革命はメディアの最前線に変革を迫る。その一方で、情報の洪水の中で人々は何を指針にすべきか迷っている。
混迷する世界を読み解く新聞の責務はますます重くなる。
どんな時代になろうと、カギを握るのは「情報の質」であり、それを支えるジャーナリスト精神である。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

マンションの売り方が変わった?

 今日は日経新聞ネタではなくNHKでの話題を取り上げたいと思います。

月曜日から金曜日の朝6時40分ごろから放映される「まちかど情報室」からの話題です。

10月7日金曜日のテーマは『続々登場 体験型モデルルーム』でした。

1.動く椅子をそなえたシアターでCGなどを上映するモデルルーム
 これは映像にあわせ座席が動くようになっているミニシアター形式のモデルルームで、売り出し対象のマンションのプロモーション映像を見るタイプです。
 http://www.c-m-t.com/

2.部屋からの眺望をCGで再現するモデルルーム
 これはモデルルームのパソコンの画面で、購入したい部屋からの眺望をシュミレーションして見ることが出来るものです。番組の中では、工事予定の建物が完成したときにその眺望がどうなるかも見せていました。
 http://www.tower-2000.com/


3.ユニバーサルデザインの設計を体験できるモデルルーム
 これは、世間の標準設計とこのマンションが取り組んでいるユニバーサルデザインとの違いを、実際に車椅子で廊下を移動してみて曲がりやすさなどを体感するものです。
そのため廊下の幅を簡単に変更できるようになっているのがポイントです。
 http://www.lexel.co.jp/

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

固定電話消える日近い?(15面)

 ネットニュース配信業者が無断で新聞ニュースの見出しを無断で使用したことが、著作権の侵害になると知財高裁が判断を下しました。

このブログも日経の記事を中心に取り上げているので気にはなるのですが、営利目的でないし、出典を明らかにしているし、それに引用が中心なので問題はないかなと思っています。


 さて今日は、携帯電話が進化し回線切り替え技術も進んだことから固定電話が必要なくなる可能性があると書かれた記事を取上げます。

記事(日本経済新聞(2005.10.7)には

 固定電話と携帯電話の回線を自在に切り替えられる端末の開発が進むうえ、総務省が固定と携帯の電話番号体系を一本化する方針を決めたためだ。

技術革新と規制改革で固定と携帯の垣根を越えた「ワイアレス革命」が幕を開けようとしている。


 家ではIP電話、玄関を一歩出ると自動的に携帯電話−−−−。

携帯やPHS、無線LANなどを電波の状態でによって切り替える端末を開発中だ。
既に基本技術は確立。

屋内では無線LANを通じて料金の安い固定回線で電話やインターネットが使える。
通話したまま外出し無線LANでの通話が途切れても、今度は携帯かPHSにスムーズにつながる。

記事続き+コメント+その他の記事
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:29| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

ネットで遠隔監視、無償でウイルス対処法を伝授。(35面)

 本日、静岡県中小企業経営革新フォーラム21の10月例会:特別セミナーの講師は、会計士事務所・所長の古田土 満氏でした。

 「日本で一番お客様に感謝していただける会計事務所」を目指しておられるというだけあって、常にお客様のことを考えておられます。目的は、お客様の企業が利益を着実に上げられる会社になっていただくことで、そのために経営計画書をきっちり作ることが重要であり、この経営計画書と月次決算とを対比しながら社長や社員の方々の育成や気づき引き出しながら会社を良くしていくといった手法をとられています。

 この仕組みは当然ご自分の会計事務所でも実践され、その成果をお客様のマネージメント手法として展開されています。
一番のポイントは、スマートな戦略論や経営手法というより、挨拶、清掃といった基本を徹底することで人間性を磨き続けるといったように「人」を大切にすることと、会社が儲かるための本質(例えば「利益」とは何か)にこだわり続けることのようです。

詳しくは:古田土公認会計士事務所 http://www.kodato.com/index.html 



 さて、今日はNECが始めたウイルス対処法を個人顧客に指南するというサービスを取上げてみたいと思います。

記事(日本経済新聞(2005.10.6))には

 個人用パソコンの弱点を見つけ、対処法を無料で伝授します。

NECは6日から、家庭用パソコンの遠隔監視サービスを始める。
コンピュータウイルスなどに対する弱点を個人ユーザに代わって見つけ、対処方法を教える。サービスは無償で提供する。
不正アクセスなどを監視し、消費者が安心してパソコンを利用できる環境を整える。

 2002年10月以降に製造したNECのパソコンの大半の機種が対象。インターネットを通じて遠隔監視し、不正アクセスに対する処置を怠っているパソコンに警告文や対処プログラムを送る。

記事続き+コメント+その他の記事
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

「スイカ」相次ぎ提携。銀行カードが乗車券、住居の鍵に。(11面)

 昨日の勉強会で面白い話を聞ききました。
今流行りのブログでの新しい試みです。
それは、ブログポータルという発想の代物です。
そのブログポータルのメインテーマはあらかじめ決まっていて、そのメインテーマに関するいろいろなブログを参加者が自由に立ち上げ・作成していくという仕掛けです。

つまり、そのブログポータルに行けば、メインテーマに関する様々な情報が一挙に仕入れることができます。当然ブログ間の交流も活発になることになります。
また特定の領域に興味を持つ人々の集まりですので、そのテーマにあったビジネスも可能になります。
 参考:沖縄 http://blog.ti-da.net/
    アウトドア http://blog.naturum.ne.jp/
非常に面白い試みだと思います、どのように進化するか見守りたいと思います。


 さて、今日はJR東日本の「スイカ」に、また新たな機能が増えるという話題で、銀行カードで改札を通過できたり、スイカが住宅の鍵になったりするという話しです。

記事(日本経済新聞(2005.10.5))には

 JR東日本は乗車券や電子マネーとして利用できる「スイカ」の用途拡大を目指し、相次ぎ提携する。

日立製作所とスイカカードが鍵代わりになるシステムを開発。
ビックカメラとポイント交換ができるサービスを始め、三井フィナンシャルグループとは乗車券としても使えるキャッシュカードを発行する。

 日立が開発したのはカードを読み取り機にかざすことで住居の扉が開くシステム。
第一弾としてJR東日本都市開発が10月下旬から販売を始める分譲マンションに導入する。

記事続き+コメント+その他の記事
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:25| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ビジネスマン対象の専門ポータルサイトを開設・運用(15面)

 日経ビジネスの10月3日特大号からある連載が始まりました。
それは京セラの名誉会長である稲盛和夫氏の「敬天愛人」です。
この「敬天愛人」という言葉は西郷隆盛が好んで書いた四字成句で、その意味は「私心と己の欲を抑え、謙虚な心で、人のために尽くす」とのことです。

 この「敬天愛人」は京セラの創業時からの社是でした。
稲盛名誉会長は、最近の風潮から「変えてはならないことがある。取り戻すべきものがある。時代の奔流が人としての正道までも削ぎ落としていく様に警鐘を鳴らす。」という思いから今回の連載を始められたようです。

この混迷の時代、激変の時代、苦難の時代である今こそ、人の上に立つリーダーたる者には、極めて高い見識と倫理観、道徳観が求められると、その心構えを書かれています。

そして「人の上に立つものを優秀で才能があるというだけで選んではいけない。
立派な人間性と人格を備えているかということが、何よりも大切なことです。」

また、「正道を踏みたい、とう思う心があればこそ、大きく逸脱しないんです。復元力があるんです。少し行き過ぎても、しばらくすると原点に戻ってくるんです。そうありたいと思い続ける初心。これは、非常に重要なことです。」とも書かれています。

輝かしい実績を作ってこられた稲盛名誉会長にしていえる含蓄のあるお言葉と思います。
これからの連載記事が楽しみです。


 さて本日は、あるようでなかったビジネスマンを対象にしたポータルサイトを開設するという記事を取上げてみます。

記事(日本経済新聞(2005.10.4))によると

インターネット広告のサイバーエージェントと情報共有ソフト開発のサイボウズは、ビジネスマンらを対象にした専門のポータル(玄関)サイト事業を始める。近く設立する共同出資会社を通じ、内容をビジネス情報に絞ったサイトを開設・運営する。新サイトの立ち上げで法人向けネット広告需要を開拓、新会社は3年後に10億円以上の売り上げを目指す。

 サイバーエージェントグループが60%、サイボウズが40%出資し、11月中に新会社を設立する。来年初めまでにサイボウズが同社のグループウエアソフトの顧客向けに運営している2つのサイトを統合、新サイトを開設する。新会社はサイバーの連結子会社となり、サイボウズに対しては、ブランドなどを使用する際のロイヤルティーを支払う。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:51| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

大賞に「京都のIT決済ネット」(30面)

 日本経済新聞社がITを利用して地域の活性化に積極的に取り組む活動を表彰する「日経地域情報化大賞2005」の選定結果が紹介されていました。
今日はこの大賞を取上げたいと思います。

 大賞は「京都の商業者によるIT決済ネットワークの構築」で

記事(日本経済新聞(2005.10.3))には

 京都の中小商店がクレジットカードの扱いを合理化するため1992年に「きょうと情報カードシステム(KICS)」を結成した。

大手に比べて高い加盟手数料を要求される商店をまとめる形でKICSが代表契約者となり、決済ネットを構築した。


 当座貸し越しを利用してKICSが立て替えることで商店の資金繰りにも寄与し、加盟店は約1300店舗の規模に成長、年間取扱高は130億円に。

クレジットカードのほか宅配便の業務処理も集中化し年間40万個扱う。


 ネット通販(年売上高3億円)や販促イベントも手掛け、地域の中小商店の業務支援に大きな役割を果たしている。


とあった。続きを読む(コメント+その他の記事)
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:38| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

ネット詐欺から身を守れ。(13面)

 ゴルフの藍ちゃん、女子プロのメジャー大会である日本女子オープンで初日からの首位を守りきり優勝しました。メジャー大会の最年少優勝記録も塗り替えたとのことです。
心から「おめでとう」の拍手を贈りたいと思います。



 さて今日は、日曜版のシニア層を対象にした特集記事にネット詐欺から身を守れという記事がありましたので取上げてみました。

記事(日本経済新聞(2005.10.2))には

 高齢者にパソコンが普及するにつれ、インターネット詐欺の被害者が増えている。
ITについての知識が乏しいために、いたずらに不安が募り、相手の術中にまんまとはまってしまうのだ。
代表的なネット詐欺の手口と防衛策をまとめた。


ワンクリック詐欺:アダルト情報や懸賞情報などであるサイトに誘導し、そこに行くと入会したということで会費を請求し、もし未払いなら後々面倒になると脅すことで支払いを強要するタイプ。

 これには、相手に住所や名前が分かることはまずないので、とにかく無視するのがよい。
もしごたごたを避けたいと思い一度でも払うと、住所や名前などが確実に知られるので、次々と新たな手口で狙われることになる。

続きを読む(記事続き+コメント+その他の記事)
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:23| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

ETC端末でガソリン自動決済。(11面)

 今日の新聞で一番大きく扱われていたのは、「一太郎」の特許問題でした。

地裁が下した、"一太郎は「特許侵害」"とする判断を、高裁は一転して、「特許侵害にあらず」という判決を示しました。

今回のようにアイデアにからむような特許の問題については、その権利が正当なものかを見極めるのは極めて難しいということのようです。


 さて今日は、久しぶりにETCに関する記事です。
 給油所での決済にETCカードを活用するシステムの実証実験がスタートしたということだそうです。より一歩実現に向け近づいたことにあると思います。


 記事(日本経済新聞(2005.10.1))には

 新日本石油、松下電器産業、三菱重工業、ソフト開発のタツノ・メカトロニクスは30日、自動料金収受システム(ETC)端末を搭載している車で、給油所でガソリンなどを自動決済できる新システムの実証実験を始めたと発表した。

期間は12月20日まで。給油時間の短縮による渋滞解消など給油所利便性向上につなげる。

続きを読む(記事続き+コメント+その他の記事)
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。