2005年09月28日

増える携帯通販サイト、販売手法・商品競う。(17面)

 今日は、17面の[VBが主役市場を拓くJ]で最近特に新しいビジネスが次々生まれている携帯に関する話題の一つでもあります、携帯向けの通販サイトの動向などについて書かれていましたのでこれを取上げたいと思います。

記事(日本経済新聞(2005.9.28))には

 東急電鉄の車内に携帯電話で商品が買えるサイトを紹介した中吊り広告お目見えした。広告に記載のアドレスにアクセスすると「トレイン・ギャザリング」につながる。
同一商品の購入希望者が多いほど価格が安くなる「ギャザリング」方式で女性用衣料などを販売する。東急は売上の一部を受け取る。

 購入者を増やして価格交渉力を高め、仕入れも販売も安くするのがこの方式の強み。カード会社などと組み「売り場」の入り口となるサイトを増やすことで購入者獲得に弾みをつける。中吊り広告も売り場拡大戦略のひとつだ。

 この仕組みを運営するネットプライスは、売り場の拡大効果で週平均の受注額は約2億円と1年前の4割増。


 モバイル・コンテンツ・フォーラムによると2004年の携帯電話による物販市場は969億円と前年より79%増えた。通信料の定額化もあり今年も拡大するのは確実だ。


 先駆となったのはゼイヴェル。2000年6月に女性向け物販サイトを設立、同社の成功に刺激され他社が参入した。

続きを読む(記事続き+コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:51| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。