2005年09月27日

ウェブ掲載情報の閲覧や保存を制限するシステム開発。(13面)

 今日は、NTT西日本が始めたウェブコンテンツ(ホームページ上の内容)に対する閲覧、コピー、印刷などを制限する仕組みの提供サービスについての記事がありました。
新聞では小さい記事だったのでややもすると見逃すかもしれませんが、セキュリティ面で非常に重要な機能なので取上げたいと思います。

 記事(日本経済新聞2005.9.27))には、

 NTT西日本とマイクロソフトは26日、ウェブ上のコンテンツ(情報の内容)閲覧や印刷、保存などを制限できる情報漏洩(ろうえい)防止システムを開発したと発表した。27日に発売する。企業や自治体に売り込む。

 「アクセスコントロールサーバー」と呼ばれるサーバーを使い、パソコンのハードディスクに保存されたデータファイルなどの情報漏洩だけでなく、社内のウェブシステム上の顧客情報などの重要情報を保護できる。


とある。
続きを読む(コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。