2005年09月25日

[中外時評]「IT意思疎通」の限界を知る(28面)

 本日で、愛地球博も終了。目標の1500万人を大きく超えた2205万人の入場者を記録したとのことだ。お弁当の持込や長い行列など問題もあったようだが大きな事故もなく無事に終了し、関係された方々はホッとされていることだろう。
これまでのご苦労に「お疲れ様でした」と声をかけたいと思います。

 さて今日は、視点という紙面の「中外時評」に、安岡論説委員が"「IT意思疎通」の限界を知る"という論評を掲載されている。ネット社会の根本に係わるメールなどでの意思疎通の難しさについて書かれているので取上げてみたい。

記事(日本経済新聞(2005.9.25))には

 パソコンや携帯などで文字入力をするとき、漢字が思い出せなくても[変換]で目的の漢字に変換してくれる。一見便利になったようだがちょっと注意を怠るとかつては考えられなかったような変換ミスによる誤字を使うことがある。この誤変換の面白さを競うコンテストがあるほどだ。「規制中で渋滞だ」→「寄生虫で重体だ」など
メールでも誤変換の文字を使うと、一度送ったメールは取り消しができないので恥ずかしい思いをすることになる。

 メールでの問題は、大切な情報のやり取りがメールで行われることで、ニュアンスを取り違えたり、意味が正しく伝わらなかったり、切迫感が伝わらなかったりと言うことで大きな問題になることである。
続きを読む(記事続+コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。