2005年09月21日

JTB、百万人の顧客網使い、企業の顧客開拓代行サービスを。(12面)

 今日のニュースで印象的だったのは、臨時国会に登院する新人の国会議員を中心に話題の人々へのインタビューでした。
今回ほど、多くの時間を使って報道されたのは記憶にない気がするほど、今回の扱いは特別な感じがしました。また全体に若い議員が増えたように思いました。
いづれにしても政治への関心が高まることはいいことだと思う。関心を持つことで政治家も官僚も国民も日本の将来を見据えつつ、それぞれがいい意味の緊張感を持つことにつながることを願いたい。

 さて本日は、JTBが自社の顧客の個人情報を所有せずに、顧客を活用し企業の新規顧客開拓を支援するサービスを行うという、目から鱗の記事を取上げます。

記事(日本経済新聞(2005.9.21))には

 JTBは自社の旅行情報を提供する百万人近い顧客網を活用し、11月から企業の新規顧客開拓代行サービスを始める。
メールアドレスなど個人情報を取得しなくても配信できる仕組みで、契約した企業の広告やニュースを流す。
企業は自ら個人情報を管理することなく、ダイレクトメール(DM)に比べてコストを大幅に削減できるため、JTBは金融機関や小売業などの幅広い業種の契約を狙う。
続きを読む(記事続き+コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。