2005年09月20日

「おサイフケータイ」携帯各社から出揃う?

 今日(2005.9.20)の日本経済新聞に2005年度の日経優良企業をランキングが発表されていた。
1位がキヤノンで5期連続で純利益が過去最高を更新するなど収益性の高さに加えて事業規模の大きさが評価され、04年度の5位からトップに躍り出たとのことです。
キャノンは今12月期も純利益前期比11%増の見通しで6期連続最高益となるらしい。
デジタル機器メーカ各社が競争激化で苦戦している中で、6年間最高益を続けるというのは凄いといわざるをえないだろう。

 なお2位にはトヨタ自動車が入り、3位は売上高の伸びなど成長力で高い得点を獲得したヤフーでした。

 優良企業ランキングの詳細は
 http://markets.nikkei.co.jp/special/sp004.cfm?id=x489k000_20&date=20050920
を参考にしてください。

今日は記事ではなく、22面にauの「おサイフケータイ」の広告が出ていた。
auのサイトを確認したら今月の16日から発売を開始したようです。
無断使用を防ぐ「FeliCaロック機能」や紛失時に遠隔操作でロック設定ができる「遠隔オートロック機能」など、セキュリティ機能も充実しているとのことです。
 au: http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/w32s/index.html

 ボーダフォンも11月に発売するとの話もあるので、携帯各社が「フェリカ」対応を行うことになります。
 ボーダフォン:http://www.vodafone.jp/japanese/release/2005/050920_2.pdf
このことで、「おサイフケータイ」は来年から一気に普及しそうな予感がします。
特にサービス業・流通業への影響は大きいと思われるので早めの対策が望まれると思います。

さらに顧客サービスのためのアプリケーションも充実していく方向にあり、複数の店舗でのポイントの相互交換やマイレージへの移動などといった動きも目が離せないでしょう。
 アプリケーション基盤: http://netsyakai.seesaa.net/article/6494415.html

いづれにしても、いつも身に付けている携帯電話に付加された機能やサービスは、利用者にとって利便性が高いと思われるので、予想を上回る普及を見せるかもしれません。

そして便利さやお得感に慣れた顧客は、このようなサービスの有無でお店を選ぶこととなるのではないでしょうか。

続きを読む(その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:17| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。