2005年09月19日

[経営の視点]日本のIT、遅すぎた海外進出。(9面)

 今朝あのダイエーの創業者である中内氏がお亡くなりになられというニュースを聞いた。83歳とのことだ。ご冥福をお祈りしたい。
ダイエーは現在、企業再生の真っ最中にある。
中内氏は日本型スーパーの形を作り、流通革命の先導者としてご活躍されていたが、あまりにも急激に企業規模が大きくなり成長しすぎたことが、バブル崩壊による激しい環境変化などへの対応に問題を生じさせたのかもしれない。成長の勢いそれ自身が、制御を機能させないほど、組織を自己増殖させたような感じだったかもしれない。

 時の勢いに乗るということは大切なことだが、結果だけから見ると急拡大した企業は押しなべて、「繁栄の後の悲哀」を味わっているような気がする。もしかすると企業には適正な成長スピードと適正な規模というものがあるのかも知れない。
企業理念を浸透し、人を育成し、一枚岩の企業文化を醸成するには、急成長はもしかすると障害になることがあるのかもしれない。


 さて今日は、「経営の視点」という特集コーナーでIT企業のグローバル戦略について書かれていたので取上げてみたい。

記事(日本経済新聞(2005.9.19))には

 楽天が米ネット広告大手を買収、ACCESSも米ソフト会社を買収するなど、日本のIT企業の海外進出が始まった。グローバルなIT市場で成功するには遅すぎた決断といえる。

 楽天の三木谷社長は「中国も考えたがネットの本場を選んだ」と狙いを語ったが、買収金額の割りに米国での話題はもう一つだ。理由は昨年夏、韓国企業が米検索大手を買収していたからだ。そのとき三木谷社長の関心は野球だ。米国に出るより国内の知名度アップを優先した。しかし、経済規模が日本の10分の1しかない韓国は違う。成長には対米進出が不可避の選択だった。


記事続き+コメント+その他の記事


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。