2005年09月18日

IC学生証、共通仕様に。普及団体が100大学に提唱。(1面)

 今年の春に始まった愛地球博がいよいよ残り一週間ほどとなりましたね。
 入場者数が昨日2000万人を突破し、当初予定の1500万人を大幅に上回る見込みということで博覧会関係者はさぞざかし喜んでおられることでしょう。
昨日の新聞では、黒字分をどう配分するかでいろいろ考え方があり、すんなりとは喜べないようです。

 さて今日は大学の学生証もIC化が進んでいるようですがさらに一歩進めて共通仕様にしようとする動きがあるようで、この記事を取上げました。

記事(日本経済新聞(2005.9.18))には

電子マネー「エディ」や「スイカ」に利用される非接触IC技術「フェリカ」を活用し、全国の大学の学生証や教職員の身分証明書を共通仕様とする構想が動き出す。大学内の決済や入退室などの管理、大学間の単位互換をスムーズに行えるようにするほか、学内外での買い物や学外での学割にも利用可能にする。

 フェリカを運営するソニーブロードバンドソリューション(東京・港)が主導し、大日本印刷や日立製作所、富士ゼロックス、王子製紙など35社が参加した非営利の普及団体を設立。ICカードの発行事業者が異なっても互換性が保てるように学生証への情報の書き込み方を統一した。

 東海大学が湘南キャンパスで教職員に採用し、学生証への導入も検討中。普及団体が29日に約100校の大学関係者を対象に説明会を開く。

 大学は学生の単位取得状況や図書館などの入退室管理をICカードで行える。他行の学生も管理でき、大学間の単位交換制度もスムーズにできる。学外の事業者にも仕様を開放し、駅や宿泊施設、映画館などでの学割認証にも利用を広げる。


とある。
続きを読む(コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。