2005年09月16日

ソニー、金融事業売却へ。本業再生へ抜本改革。(1面)

 今日の新聞のトップ記事には衝撃的なニュースがありました。
ソニーが本業の再生を目指し抜本的改革に取り組むということで、多角化してきた事業を見直すとのことです。

記事(日本経済新聞(2005.9.16))には 

 ソニーは全額出資子会社で金融事業を統括するソニーフィナンシャルホールディングスを段階的に売却する検討に入った。多角化で膨らんだ資産を大幅に整理、本業のエレクトロニクス部門再建を最優先する。同部門も事業を絞り込み、ブラウン管テレビの新機種開発を停止、薄型テレビ開発に資源を集中する。いずれも事業構造の抜本改革案として22日発表する。

 ソニーは売上高の7割を占めるエレクトロニクス部門の不振で業績が低迷。6月に就任したハワード・ストリンガー会長兼最高経営責任者(CEO)は同部門の立て直しを軸にした新経営方針の策定を表明していた。


とあった。

続きを読む(コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:33| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。