2005年09月13日

サムスン電子、16ギガのフラッシュメモリー開発(11面)

  以前このブログで早稲田商店会が選挙を利用してセールを実施、集客向上につなげているという話題を取上げたが、今日の日本経済新聞の31面には、宅配ピザ、家電店などでも選挙を旨く利用して販売促進に利用している事例が紹介されていた。さらに投票率のアップにつながれば申し分ないことだろう。
 http://netsyakai.seesaa.net/article/6104153.html
 このような国民的な行事を自店の商売につなげるという発想は、商人ならではの発想でもっと工夫して取り組む価値があるように感じる。
お客様にお得感を感じてもらいながら、自店の集客向上や売上拡大につながるのだから知恵の出し甲斐もあることだろう。

 今日は、サムスン電子が16ギガバイトという容量のフラッシュメモリーを開発したという記事を取上げたいと思います。

記事(日本経済新聞(2005.9.13))には

 韓国サムスン電子は12日、世界最先端の回路線幅50ナノ(ナノは10億分の1)メートルの微細加工技術を使うフラッシュメモリー(電気的に一括消去再書き込み可能な半導体メモリー)を開発したと発表した。記憶容量は16ギガ(ギガは10億)ビットと世界最大。同社はハードディスクドライブ(HDD)の代わりに同メモリーを搭載したノートパソコンを年内に投入する。

 サムスンは携帯電話などに組み込むフラッシュの世界シェアが5割強と首位。開発競争で先行し、2位の東芝などを突き放す。

 現在量産しているフラッシュは90ナノ製品が主力。サムスンは今夏から70ナノ製品の量産を開始。年内に60ナノ製品の生産に着手する。さらに進んだ50ナノ製品は来年後半から量産を開始する。1枚のウエハーから取れるメモリーの数を増やすことができ、1個当たりの製造コストを大幅に下げられる。製品の小型化も実現する。16ギガビット製品を1枚のメモリーカードに16個搭載すると記憶容量は32ギガバイトとなる。映画なら20本、新聞なら200年分のデータを保存でき、小型HDDが不要になる。


とある。
続きを読む(記事コメント+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。