2005年09月04日

旅行のネット予約浸透、どう対応?:JTB社長。(7面)

 先週アメリカを襲ったハリケーン「カトリーナ」の被害の凄さと、難航する救援活動が報道されています。
1日も早い救助と復興を祈りたいと思います。

でも、テレビで報道される映像を見ていて、本当にアメリカで起こっている事柄なのかと思わずにはいられませんでした。
少なくとも私の抱いているアメリカのイメージである、困難な状況においては必ず勇気を発揮し、果敢に取り組むリーダの存在やお金ではない市民相互の助け合いの姿といったものがあまり伝わってこないことです。(テレビ局の編集方針でこのような場面は報道されていないかもしれませんが)
 私の抱いている姿は映画の中だけの世界だったのかと、ちょっぴり淋しさを感じる一方で、日本で起きていたらどんな姿になるかと考えると、もう少し違った姿になるだろうと思えることから改めて日本人の凄さを再認識させられ、そして本当に幸せな社会(国)とは、について考えさせられました。


さて今日は、「そこが知りたい」というコーナーでJTBの佐々木社長が旅行ビジネスのネット活用について語っておられましたので、これを取上げてみたいと思います。

続きを読む(今日のトピックス+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。