2005年09月02日

宅配留守なら受取人にメール。(1面)

 今日の新聞(日本経済新聞(2005.9.2))には特に興味を引いた記事が2つありました。
一つ目はコヤマト運輸のメール活用の仕組みで、もう一つは「おサイフケータイ」を活用して
お店のサービス向上が簡単に行える仕組みです。欲張って2つとも取上げます。

 先ずヤマト運輸のメール活用の仕組み(1面)ですが記事には

 宅配便の配達時留守の場合、すぐに受取人に電子メールが届き、再配達の指示が出せるサービスを11月から始める。

これにより不在通知後、翌日に再配達していた貨物約42万個の4割が通知当日に配達できる見込み。

輸送の効率性を高め、荷物の受け取りやすさを強調することで顧客の獲得につなげる戦略だ。

ヤマトによると、大都市圏を中心に配達時に不在の受取人が目立ち、その多くは「当日中に受け取りたい」という。

新サービスにより単身者や共働き世帯などで荷物の受け取りがしやすくなるほか、ヤマトも配達の効率化でコストを抑制できる。


とある。

 顧客のニーズに応えつつヤマト自身の業務の効率化を実現している素晴らしい仕組みといえる。
記事には書いていないが、ヤマトでは通販業者などが契約していると配達予定日を受取人にメールで知らせ、受取日と2時間単位で受け取り時間帯が指定できるサービスを既に始めている。
これだけでは不十分ということで今回のサービスの仕組みが追加されたのだと思う。

記事にあるように、42万個もの荷物を2日にかけて配達していたのだから今回のサービスの仕組みはヤマト運輸にとって大きな効果が期待できるだろう。
そのうえ顧客の要望が当日中の再配達を希望しているのだから顧客満足にもつながる。
ITを旨く活用したからこそできるサービスともいえる。

想像だが本当の狙いは、再配達連絡のために入手したメールアドレスを活用して、配達予定メールを受取人に送付し受け取り可能日時を事前に確認しておくことで、都合2回お届けしていた42万個の荷物の大半を1回の確実なお届けにすることにあるような気がしないでもない。

顧客にとっても、ヤマトにとっても利便性や効率的なサービスが次々と提供されることを期待したい。

 参考:ヤマト運輸のサイト(他にも多くのサービスが用意されています。)
    http://www.kuronekoyamato.co.jp/

 次に面白いと感じたのは「電子マネー」などで注目されだしたFeliCa携帯(おサイフケータイ)をお店の会員証、クーポン、ポイントカードなどの販促システムとして利用できる共通基盤ともいえるシステム(NECが提供)の話です。(13面)

続きを読む(フェリカで販促+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:11| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。