2005年08月27日

携帯音楽端末、早くも淘汰。(13面)

 昨夜のWBSで「夏イチゴ争奪戦」について放送していました。
日本でのイチゴの収穫シーズンは冬から春にかけてでした。
そこで春から秋の需要に対応するため主にアメリカ産を輸入していたそうです。

ところが北海道のベンチャー企業が夏場栽培できるイチゴ苗を開発しました。
そしてその苗は、種から育てるのではなく細胞培養というバイオ技術を使い均質な苗を生産しているとのことです。
 (株)ホープ http://www.hob.co.jp/

そしてこの苗を契約農家に栽培してもらい専用の低温トラックにイチゴを積んで東京や大阪に出荷しているとのことです。

このようにして日本で栽培した「夏イチゴ」は甘さや色、食感などアメリカ産を大きく凌ぐ品質ということです。

夏場のイチゴは洋菓子屋さんがケーキ用として特に必要としているそうです。
イチゴをケーキなどに利用すると良く売れるからだそうです。
アメリカ産のイチゴは味や食感がよくなかったそうで、品質のいいイチゴが求められていたようです。

放送を見て、凄いと感じたのは「農業」が「ハイテク産業」に変化していることでした。
苗の作り方、栽培方法、品質を保った流通方式などに先端技術が使われていました。
解説の方もおっしゃっていましたが、ハイテク農業は日本がリードするのではないかと。
農業従事者の7割が65歳以上と高齢化が問題になっていますが、若い人たちがもっとこのハイテク農業に係わって、もっと技術力を高めていけば安全で安心な食品が安定的に供給できるのではないでしょうか。


 さて本日は最近はやりだした携帯音楽プレーやで早くも撤退企業が出たという記事を取上げます。

記事(日本経済新聞(2005.8.27))には

 デジタル携帯音楽プレーヤーの業界3位で有力ブランド「リオ」を擁するディーアンドエムホールディングス(D&M)は26日、同事業から撤退すると発表した。

2003年から展開していたが、新規参入組との競争の激化で赤字から抜け出せなかった。

音楽配信の普及とともに急拡大していく市場は早くも淘汰が始まり、米アップルコンピュータとソニーの二強激突の構図が鮮明になる。


とある。

 記事の詳細には、デジタル音楽プレーヤーそのものは部品があれは作れる組み立て型商品であるため、新規参入が行いやすく急激な価格競争で収益性が悪くなったこととブランド力のある企業の参入などが直接の原因と書かれていた。

 最近の電子機器はパソコンなどと同様ハードウェア(装置)の機能だけでの差別化は難しいようだ。
ハードを含めた何かを付加し、顧客価値を高めるということが必要なようだ。

現に、アップルとソニーは音楽配信のサイトを用意し、好みの曲を選択して聴きたいというニーズ(アルバムの中の特定の曲が好きだなど)に応えることで、移動しながら手軽に音楽を聴きたいという気持ちを後押ししていると思われる。

参考:
  アップル http://www.apple.com/jp/itunes/index.html
  ソニー  http://mora.jp/
       http://www.walkman.sony.co.jp/

続きを読む(ネットと文明の要約+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。