2005年08月26日

ネット競売決済仲介「エスクロー」安全でも敬遠。(35面)

 イトーヨーカ堂は、子会社のセブン−イレブンジャパン、デニーズジャパンを束ねて来月1日に持ち株会社(セブン&アイ・ホールディングス)を発足させるとのことです。

 てっきり「勝ち組」だとばかり思っていたヨーカ堂も苦戦しているようです。
今日の新聞には、本業で儲ける力を失っていて、今年2月期決算では営業利益が上場以来最低だったそうで、下期の営業利益はテナント収益などを勘案すれば実質赤字だそうです。

そこで子会社の配当金なしに利益を出せる体質づくりが急務とのことです。
消費が多様化し、周辺業種との競争は激化するばかりということだそうです。

それにしてもセブンイレブンの購買力は凄いですね。
コカコーラ(500ml)の販売量は、イオン、ユーカ堂、ダイエー、西友の総合スーパー4社の合計の2.9倍だそうで、しかもセブンイレブンは正価販売で安売りをしないとのことです。

全く不思議ですね。
総合スーパーの主な顧客は主婦、コンビニは主婦が少ないから?
主婦もコンビニなら定価でも納得するからか、または価格より大事な何かがあるから?
スーパーではまとめ買いするので500mlはあまり買わないから?
コンビニではなんとなくコーラが飲みたくなり、手軽に飲める500mlを思わず買うから?
??????

考え出すと不思議なことだらけですね。
でもこの謎に消費者を理解する鍵がありそうですね


 今日は、「エスクロー」についての記事をとりあげます。
 用語辞典では http://e-words.jp/w/E382A8E382B9E382AFE383ADE383BC.html
 
記事(日本経済新聞(2005.8.26))には
 インターネットオークション(競売)で商品を買ったが、入金しても商品が届かない−−。
オークションの個人利用が広がる一方、こんな問題で頭を抱える例が増えてきている。
詐欺被害を防ぐ切り札に第3者が決済を仲介する「エスクロー」と呼ばれるサービスがあるが利用は少ない。
手間や費用が敬遠され、「安全」に目をつぶっている参加者も多いようだ。


とある。

当然この「エスクロー」というサービスを受けるには仲介手数料が取られる。
従って、詐欺や商品の手違いなどの被害に遭うリスクと負担するコストとの関係が普及の決め手と思われる。

しかし、新聞には普及を阻害しているのは手数料もあるが、エスクローというサービス名がわかりにくい、業者によりサービス名が異なる。(名前からこのサービスがイメージできない)
このサービスを利用するまでに、利用者登録など事前に手続きが必要で煩雑。
といった問題も大きいようだ。

お隣の韓国では大規模な詐欺事件を受けて、エスクローが義務化されたそうだ。
日本も経産省とエスクロー業者が普及促進の官民会議を開催し、決済手続きの共通化、わかりやすいサービス名を決めて普及を図る考えだそうだ。

本来なら無いに越したことがないサービスだが、もっと安全で簡単な仕組みができるまでは、顔の見えないもの同士の取引への保険と考える必要がありそうだ。

参考:エスクローサービス提供業者:
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/phtml/auc/jp/notice/promo/escrow/
http://www.aeonmarket.com/aeonregi_a/index.html?
https://escrow.kuronekoyamato.co.jp/
エスクローサービスをビジネスとしてみると
http://www.jnews.com/business/digest/2005/017.html

続きを読む(ネットと文明の要約版とその他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:08| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。