2005年08月25日

[グーグルどこまで強いか:下]台頭するライバル、強さが生むあつれき。(13面)

 今年の夏、「クールビズ」の導入で百貨店など紳士用品の売上増が店全体の売り上げ増に寄与したようです。
 2匹目のドジョウ狙い?というよりも、こちらのほうが省エネ効果が大きいそうですが今度は暖房温度を下げベストやハイネックのセーター、重ね着などの「ウォームビズ」を進めるそうです。
 この「ウォームビズ」は対象が男女ともになるため、これによる経済波及効果は2323億円と第一生命経済研究所が試算しています。

 いずれにしましても原油価格の高騰が収まる気配を見せませんので、嫌でも暖房に使うエネルギーを抑える必要に迫られ訳ですから、暖房温度を下げて厚着で過ごすというのは仕方のないことでしょう。

 今日は、特集記事「グーグルはどこまで強いか」の最終回をとりあげます。
グーグルとは、インターネット上の情報を指定したキーワードをもとに該当のページを検索してくれる、いわゆる検索サービスを提供する業界No.1会社です。
同様なサービスを提供する会社として、ヤフーやMSN(マイクロソフト)などがあります。
 グーグル(Google: http://www.google.co.jp/ )

記事(日本経済新聞(2005.8.25))によると

 グーグルに対する競合の追い上げは厳しい。
 MSNは利用者満足度を半年前より45%と2ポイント高め、ヤフーはゲーム会社買収やテレビ・映画会社との提携などで集客力を高めている。

 追われるグーグルは単なる検索技術企業を超えた存在になろうとしている。
22日に発表した無料ソフト「サイド・バー」は、利用者がネットで閲覧する情報を常時監視。利用履歴から利用者が好む情報を自動分析したうえで、ニュースや株価、ウェブページ、写真、天気予報など種類別に分類して画面隅に一覧表示する。
同種の機能はヤフーやMSNも提供するが好みを自動分析するのはグーグルだけ。

新聞社やテレビ局が持つ情報の取捨選択機能を代替するもので、メディア企業の警戒感は強い。

仏AFP通信はニュース記事を無承認で記事を配信しているとして提訴した。
AFPの弁護士は「グーグルのニュースページはまるで新聞だ」と憤慨する。

1500万冊以上の大学図書館の蔵書の中身を電子ファイルにして検索可能とする「電子図書館」構想は、米出版業界が著作権侵害を増長するとして批判を浴びせる。

グーグルのCEOエリック・シュミットは「世界中の情報を入手する最短経路はグーグル経由になるだろう」と同社をネット情報の「門番」と位置づける。

ただ、マイクロソフトが各国で独占禁止法違反で訴えられたように、強くなるほど摩擦も大きくなる。
グーグルの最大の課題は、強さが招くあつれきへの対応かもしれない。


とある。

 私も、昔はヤフーでのページ検索が多かったがいつの間にかグーグルを多用するようになった。
統計をとって調べたわけではないが感覚的に欲しい情報が1ページ目に来る確率が高いように感じている。
裏に凄い仕掛けがあるのかもしれない、それが強さの秘密かもしれない。

しかし他社も競争を仕掛けてくる。

それに対抗するため、個人の特性や好みに合わせ必要とされる情報の一覧を表示する機能を提供したらしい。
日本語版のグーグル用サイドバーが提供されれば是非試してみたい。

ビジネスから見ると、グーグルのような機能を提供する会社は、ネット上の膨大な情報の入り口(ポータルサイト)として多くの人を集めることで広告の価値を上げより大きな広告収入を得ている。

従って、どれだけ多くの人を自社のサイトに呼び寄せ、自社のコンテンツを見てもらうかが重要となる。

そのための囲い込み策が個人向け情報収集サービスということになるのだろう。
このサービスを利用することで、自分の好みの情報をそつなく集めてくれたら、もう他社のサービスには戻れないだろう。
その意味で凄いサービスということになるだろう。

強すぎるとそれはそれで問題も生じるリスクがあるとのこと。
このような問題で悩んでみたいものだ。


続きを読む(ネットと文明要約版+その他の記事)


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。