2005年07月17日

電気やガス、料金収納代行。コンビニ3社で4兆円突破。(1面)

本日は一見ネット社会とは直接関係なさそうなこの記事を取り上げてみたい。

記事には
コビニエンスストアの料金収納代行が拡大している。
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社の料金収納代行は2006年2月期中に件数で4億6千万件、金額で4兆円の大台を突破する。
最大手のセブンイレブン1社でメガバンク1行の窓口扱い件数の10倍。
新たに税金の支払いも取り扱うなど社会インフラの1つに育ってきた。
(中略)
セブンイレブンだけで約330社の収納を代行し、東京電力、東京ガス、NTT東西の収納では約1割のシェアを占める。
ここ数年は件数・金額とも毎年20%前後で伸びており、同社の今期の予想取扱額は2兆円を突破、取り扱い件数は2億3千万と最大でも2千万−3千万のメガバンクの窓口取り扱い件数を大きく引き離す。
(中略)
かつては夜間や休日など金融機関窓口が開いていない時間の利用が多かったが、現在は平日昼間の利用が約8割。
・・・・・・
となっている。

この記事を読んでいくつかの疑問を感じた。
何故、メガバンクよりも取り扱い件数が増えたのか
何故、当初休日や夜間の利用が現在では8割が平日昼間の利用になったのか

である。

この「2つの何故」に対し私なりの独断的な考えを示してみたい。

理由の一つ目は、なんといってもコンビニは手続きが早い、待たずにできる、買い物のついでにできる、ということではないだろうか。
つまり利用者にとって便利(文字通りコンビニエンス)であるということだろう。
銀行や郵便局の窓口で振込支払いをしようとすると、地方でも窓口で順番カードを引いたりして受付でまず待たされる、やっと順番がきてからも伝票と現金を渡してから領収書を貰うのにまた少し待たされるということが比較的多い。
かたやコンビニでは、実に手際が良い、ましてや順番待ちなどほとんどないし、待ち時間があっても少しなので余り気にならない。

少し厳しい言い方をすると、顧客が順番待ちをしていたら応援者を増やす、手順を見直すなどといった方法の改善はあまり考えず、「待つことを前提とした仕組み」(整理券発行機と整理券番号による呼び出し)を考える銀行などとお客を待たせるのは罪悪と考え「待たせない工夫」をするコンビニとのサービスに対する考え方の差の結果といえるのではないだろうか

メガバンクの10倍の取扱量をもたらした原因の半分以上が、もしかしたらこの差によるものではないだろうか。

もう一つの理由に、「ネット取引」の増加が影響しているのではないだろうか。
私も以前はネット取引にクレジット決済をよく利用していたが、昨今の情報漏洩事件や不正利用などのニュースなどからコンビニ決済が比較的安全な決済方法となってきたからではないだろうか。
おまけにコンビニ決済ができる業者であれば、多少は安心という気持ちも個人的には感じている。

以上から、ネットによる通信販売が増加しそのための決済手段として安全で手数料負担の少ないコンビニ決済が増加となっているのではないだろうか。
銀行振り込みも同様だが銀行振り込みが選択されない理由は前述の理由が影響しているのではないだろうか。

さらに当然ながら、
コンビニは自宅から歩いていける距離にあること。銀行に行くよりコンビニに行くほうが近い。
ライフスタイルの変化などからコンビニに行く頻度が高まり、ほぼ毎日コンビニで何かを購入するようになった。
そしてコンビニ戦争での優劣がつき始めたことなどから大手3社に取り扱いが集中する傾向にある。

などの理由も考えられる。

改めて顧客視点で物事の仕組みを考えることの重要性を認識させられたように感じる。

本日のその他の記事:
・保険料未納防止へ連携。カード利用検討。(1面)
・店舗に無線LAN。投資情報を独自に。大和証券、NTTコムと組む。(1面)
・米シスコが役員に定年制。(4面)
・国連、ネット管理、米主導に異議。(4面)
・日本ユニシス、信託業務参入を支援。低コストで業者を取り込み。(5面)
・日本ビクター、デジタル家電の研究拠点、工場敷地内に完成。(5面)
・米アップル、車の中も「iPOD」。(5面)
・[家庭6法:ネットの法律問題B]掲示板でも名誉毀損に。(10面)
・[マネー悠覧]バンコク、運河に息づく船上ATM。(12面)
・[くらしナビ]家族間の通話代安く。(13面)
などがあった。7月21日追記


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:24| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。