2005年07月03日

ネット銀行に預金。パソコンの情報盗まれ引き出し。(38面)

記事によると
ネット専業のイーバンクに預金している個人客のパソコンから、何者かが個人情報を盗む「スパイウェア」を使用して口座の支店名や口座番号、パスワードを盗み、預金13万円を無断で引き出していたことが2日分かった。
・・・・・
とあり、被害は防止できたようだが別の口座にも不正に侵入しようとした形跡があったそうだ。

この記事は便利なはずのインターネットを利用する場合の注意点の一つを示しているといえる。
そしてこのような被害に遭わないためには、インターネットを利用する場合利用者自らが注意することが必要といえる。
従って正しい知識を身に付けて、確実に実践することが求められているといえる。
例え自宅のパソコンから操作していても、やり取りしている情報は公道で封もせずオープンにしているとの感覚を持つ必要がある。

参考にいくつかの注意点を挙げておきたい。
・インターネットカフェなど複数の人が利用するパソコンでは、クレジット情報や預金口座情報など機密性の高い情報入力は行わない。会社関係のメールは見ない、もし見る場合はメールタイトル程度にとどめておく。
・自宅で無線LANを使用している場合は暗号化を必ず行う。
・重要な情報のパスワードは定期的に変更する。
・信頼のおけないサイトには接続しない(見ない)ようにする。
・機密に相当する情報を入力する場合は、入力するページのアドレスをチェックしドメイン名が正しいか、ブラウザの右下に鍵の絵が出ているか(SSLモード)か確認する。
*クレジット会社や警視庁になりすましたページもあるようなので、ページデザインに惑わされないように)
・ブラウザを利用するとき、IDやパスワードをブラウザに記憶させない。
 面倒でも常に入力する習慣を。

他にもあるかとは思うが参考にしてもらえば幸いである。
将来的にはサイトの認証や本人確認それに通信情報の暗号化などが当たり前になり、もっと楽に利用できるようになると思うので、それまでは利用者自身が十分注意をする必要があるといえる。


本日のその他の記事:
・カード情報不正使用被害、国内1億5000万円越す。(3面)
・[家庭六法]ネットの法律問題@サイトでの著作権は。(12面)
・[家計]お得なお宿今夏いかが、情報収集はサイト活用を。(15面)
・[マイバランス]お金は元気なうちに使いたい。忙しい今はネット通販を多用。(15面)
・[くらしナビ]省エネ家電、ネットにカタログ。(15面)
・[資産運用]リスク情報の開示拡大、銘柄選びの判断材料に。ネットなどで簡単に入手可能。(17面)
・[簡単マネー学]電子マネーのコスト負担は?(19面)
・[ファミリー経済]同窓会ブームの背景は?(29面)
などがあった。
特に本日は、日曜特集の記事の中に、ネット社会ならではの話題が多かった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。