2005年07月01日

「個人情報保護」続く混乱。(3面)

24日にも少し書いたが、再度この記事を取り上げる。
 *24日のblog http://netsyakai.seesaa.net/article/4594643.html

記事では、
企業から情報流出事故が尚後を絶たない一方で、「個人情報」の重要性を認識するあまり、過剰反応ともいえる動きも相次いでいる。
専門家の間では、「保護法そのものの欠陥が一連のドタバタ劇の背景」という指摘もある。
とある。

つまり、保護法の本来の目的である「企業が保有する個人情報の流出」を防ぐという面では、同法の施行後も情報流出事故が発生しているということで機能していないという指摘と卒業者名簿、自治会名簿、学級名簿などの扱いで過剰な対応が見られ一部の業務では支障が出ているということが混乱が続いているという指摘になっている。
そして専門家の意見ということになっているが、法律が曖昧さがこの混乱を招いているとの指摘になっている。

この問題は、今後のネット社会に関連する法律の難しさを示しているのかもしれない。
つまり、情報をどう定義するか、価値をどう捉えるかは、受け取る人により異なるからである。
このように同じ情報であっても利用の仕方、その情報を利用する人、その情報のまとまり方で様々に価値が変わるものを、法律で明文化することは不可能に近いのではないだろうか。
情報の価値は、事業者が顧客へのサービスや顧客満足などに照らして、事業者自身が定義することになる。
このことが、同法を理解しにくいものし、一部専門家が指摘している曖昧さにつながっているのではと考える。

もう一つ忘れてならないのは、大量の情報が手のひらに乗るような電子記憶媒体に収まってしまうことである。昨年の2月に450万件の個人情報の漏洩事件があったが、もしこの情報が紙の情報だったらトラックがないと持ち出せなかっただろう。しかしIT化の進展でこれくらいの情報であれば、電子媒体をポケットに入れて持ち出せるし、高速化されたブロードバンド回線であれば瞬時にデータ転送できてしまうのである。

この法律は、どちらかというとこの点を指摘しているように感じる。
昔なら、重そうな荷物を持った不審者ということでチェックできたが、今はポケットに入れたりインターネットでいとも簡単に大量の情報を持ち出せてしまうのである。
いわば情報がデジタル化されたことにより目に見えなくなったといえるのではないだろうか。
そこで、これら周りから見えにくくなった(コンピュータに保存されている)情報を企業として、どれが大切かを明確にしどのように管理するのか、その情報を誰が何時アクセスしたかの履歴を管理する、さらにこれらの管理がその会社で決められたルールが機能しているかを評価し改善するといったマネジメントの必要性も求められているのである。
それが、情報を持ち出した社員と同時に会社も罰せられるという両罰規定につながっているのである。

前回も書いたように、同法の本質を正しく理解しリスクマネジメントの一つとして全員参加で対応することが大切ではないかと考える。


本日のその他の記事:
・ドコモ、ボーダフォン、携帯ネット速度10倍。(1,13面)
・診療報酬明細書電子化義務付け、規制改革会議で検討へ。(5面)
・内閣府、統計データ処理、手作業を廃止へ。(5面)
・米「地域通信 VS. CATV」時代。統合化で消耗戦。(9面)
・商品寿命考、短命のからくり。新製品「旬」は一瞬。(11面)
・住商、フジ株1.5%取得。CATV向け番組確保。(11面)
・USEN、プロ野球、ネット無料放送。(11面)
・NHKがブロードバンド放送業者に番組を提供。(11面)
・コンピュータが自ら点検・修復。日本IBMが開発組織。(12面)
・神鋼、災害に備え機密データを製鉄所間で相互保管。(13面)
・不審者、カメラが検知。富士通研、侵入自動監視屋外も可能。(15面)
・KDDI研、パソコン用サイト携帯でも見やすく。(15面)
などがあった。

特別ニュース:
今日7月1日、我が町浜松市が周辺11市町村の編入により、約78万人の新生「浜松市」として新たな門出を迎えました。


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。